「ザンタック錠」「ラニチジン錠」の自主回収についてのお知らせ

胃酸分泌抑制薬である「ザンタック錠」「ラニチジン錠」(各社)の有効成分に発がん性の可能性があるとされる
N-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が基準値を超えて検出されたため、各製造販売業者が自主回収を行っています。
各社で安全性に関するモニタリングを定期的に実施しておりますが、これまで発がん性との関連は確認されておりません。
お手持ちの医薬品の中に、回収対象薬品がございましたら、自己判断によって服用は中止せず、
お薬を受け取った医療機関や保険薬局にご相談下さい。
PageTop