平成27年度 秋田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
<共通定義>
集計条件
・平成27年4月1日から平成28年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者様。
・入院した後24時間以内に死亡した患者様は集計対象外としております。
患者数
・集計項目の患者様数が10未満の場合は―(ハイフン)で表示しております。

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード


年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 107 55 16 40 92 196 504 733 804 233

平成27年度中に当院を退院した患者さんの入院年齢を10歳刻みで集計しました。
年齢構成を調べると、病院の特徴や地域の傾向をみることができます。
小児科で入院されたお子さんから90歳を超えられる患者さんまで年齢層毎の患者数を示しています。
60歳以上の患者さんが82%になっており、高齢化が進む地域性が表れています。
当院では、小児科診療にも力を入れているため、10歳未満の患者さんの割合が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX03XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 107 5.7 2.76 - 68.8
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 44 35.8 21.69 0.3 83.4
100070XXXXXXXX 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く) 33 20.6 15.35 - 70.6

[定義]
診療科別に患者数の多い疾患を集計し、当院の平均在院日数と全国の平均在院日数、転院率と平均年齢を示しています。
[解説]
内科において最も多い症例は、大腸ポリープ治療目的の症例です。
在院日数も2.76日と短期間の入院となっています。次いで誤嚥性肺炎で、年齢も80歳を超えた症例が多くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100XXXXX00X 喘息 30 3.8 6.31 - 5.3
040080X1XXX0XX 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 20 4.0 5.72 - 1
100380XXXXXXXX 体液量減少症 16 4.9 9.18 - 4.1

[解説]
小児科は15歳までの症例の中で、喘息が最も多い疾患で平均年齢は5歳、在院日数は、全国平均と比較しても短い入院期間です。
次いで急性気管支炎が多い症例となっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035XX0100XX 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 21 9.89 17.41 - 78.8
060035XX99X4XX 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 15 5.50 4.28 - 75
060020XX99X40X 胃の悪性腫瘍 11 28.4 7.81 - 49.5

[解説]
大腸癌の手術症例が最も多く、次いで、大腸癌に対する化学療法目的入院となっており、大腸疾患が当院外科の特徴となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 69 26.1 21.52 0.2 78.8
070230XX01XXXX 膝関節症(変形性を含む。) 58 33.9 27.21 0.2 74.3
160800XX01XXXX 股関節大腿近位骨折 55 29.4 28.70 1 80.4
[解説]
胸椎・腰椎の圧迫骨折の症例が最も多く、次いで膝関節症の順です。
全体を通して骨折治療や関節の変形による手術ありの症例で、平均年齢は高くなっています。
転院率は、リハビリテーション専門病院への転院を示しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220XX97XXX0 緑内障 - - 9.57 - -
010080XX99X01X 脳脊髄の感染を伴う炎症 - - 23.34 - -
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280XX99000X 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 13 30.8 13.64 0.6 70.2
110310XX99XXXX 腎臓または尿路の感染症 - - 12.60 - -
110280XX02X10X 出血性疾患(その他)(16歳以上) - - 33.71 - -

[解説]
慢性腎不全で透析を行っている症例が最も多く、次いで急性腎盂腎炎となっています。在院日数は全国平均を大きく上回っています。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 - - - 29 - - 1 7
大腸癌 - 12 34 37 - 32 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

[定義]
5大癌について、初発についてはUICCのTNM分類(がんの分類基準)で示される病期分類(ステージ分類)による症例数と、再発の症例数を集計しました。5大がんは、胃・大腸・乳・肺・肝がんで日本で最も罹患率の高いがんとなっています。
[解説]
当院では、初発癌として大腸癌が最も多く、次いで胃癌の順となっています。
また、大腸癌は、再発癌の68%を占めています。癌の部位別の初発でみると、
胃 :ステージⅣで転移ありが半数を超えています。
大腸:ステージⅢ、Ⅳで、隣接臓器や遠隔転移が77%に達しています。
乳房:比較的早期の癌です。肺と肝臓は症例数が少ない。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度0 10 8.70 60.00
重症度1 11 11.55 88.09
重症度2 - - -
重要度3 - - -
重症度4 - - -
重症度5 - - -
不明 - - -

[定義]
市中肺炎は、普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。この指標では、20歳以上の成人市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。重症度は、A-DROPスコアという市中肺炎ガイドラインによる分類を使用し、スコア項目の該当数の合計(最高5点)で重症度を示しています。
・スコア項目
1.年齢 (男性70歳以上、女性75歳以上)
2.脱水 (BUN21mg/dL以上または脱水あり)
3.Sespiratuon (SpO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
4.意識障害   (有 無)
5.収縮期血圧 (収縮期血圧90mmHg以下)
スコア0は軽傷、スコア1~2は中等度、スコア3は重症,スコア4~5は超重症の治療が必要とされます。
[解説]
市中肺炎は、長期療養や介護を必要とする生活の中で罹患した医療介護関連の肺炎とは区別しています。
重症度による平均年齢を見ても高齢者だけがかかる病気とは言えないことがわかります。
当院では、軽傷~中等度の市中肺炎が88%を占めていますが、その平均年齢は約65歳となっています。
また、重症度が上がるごとに、在院日数も長くなっていることがわかります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 24 28.25 80.83 25.00
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉鎖及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -

[定義]
最も医療資源を投入した傷病名が脳梗塞のICD-10(病型)により集計しました。発症日を基準に発症「3日以内」の急性期と「その他」に分けて示しています。
転院率は、ICD-10ごとの全退院患者数に対する割合となっています。
[解説]
脳梗塞は脳に栄養を与える動脈の閉塞や狭窄のため脳虚血をきたし、脳組織が酸素不足、栄養不足になりのうに損傷を生じた状態をいいます。
当院の症例は、発症原因が、G45$一時的に脳への血流が悪くなり、虚血による神経症状が表れる一過性脳虚血発作、I63$脳動脈の血栓や塞栓により脳への血流が供給されないことで脳が損傷を受ける脳梗塞です。脳梗塞は、後遺症を伴うことが多く、リハビリテーションも実施しています。
他の疾患に比べ、転院率が多くなっていますが、脳への外科的治療は行っていないため、転院により必要な治療の継続をしていただくことになる場合や、さらにリハビリテーションが必要な場合は、専門病院への転院で継続治療を行っていただいたことによります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 154 0.31 1.24 - 66.06 -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、
腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
18 22.83 26.39 11 84.33 -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 13 2.46 11.31 - 73.71 -
[解説]
ポリープや早期大腸癌の内視鏡的切除が最も多い手術で、1泊2日入院となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 26 1.69 5.31 - 61.65 -
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14 20.79 8.29 - 62.79 -
K672 胆嚢摘出術 10 5.08 23.05 - 76.80 -
[解説]
へルニア手術、次いで腹腔鏡下胆のう摘出術が多い手術となっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 98 1.37 37.20 1.00 73.18 -
K0461 骨折観血的手術 68 2.79 33.91 10.29 82.94 -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術
(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除
27 3.19 26.78 - 73.89 -
[解説]
人工関節置換術は、膝関節や股関節に対する置換術でも最も多い手術となっています。
骨折観血的手術は、大腿骨・上腕骨骨折に対する手術です。
転倒による骨折が多く、転院率のうち4.4%がリハビリ専門病院への転院となっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合
その他のもの
259 - 4.79 - 75.53 -
K270 虹彩光凝固術 - - - - - -
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - - -
「解説]
白内障が最も多い手術であり圧倒的に一位を占め、当院眼科の特徴となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前
日数
平均術後
日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 10 15.70 35.00 10.00 75.00 -
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術
その他のもの
- - - - - -
K843 前立腺悪性腫瘍手術 - - - - - -
[解説]
年間の手術件数は少ない。透析のための内シャント設置術が最も多い手術となっています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
[定義]
最も医療資源を投入した傷病名が、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名との同一性の有無を区別して集計しています。発生率は、平成27年4月1日~平成28年3月31日までの当院の全退院患者数に対する症例の割合を示しています。
[解説]
この指標は、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、医療の質の改善を目的に挙げられている症病名です。
当院では、入院のきっかけとなった傷病名(入院契機病名)が最も医療資源を投入した傷病名と同一疾患であることが多く、基礎疾患が重症化していない症例となっています。
合併症は原疾患そのものを原因として発症する病気や症状、原疾患に対する検査や治療に伴って不可避に生じる疾患や症状を言います。当院では、同一疾患として大腸ポリープ切除後出血、人工膝関節の破損、人工股関節脱臼、異なる疾患として術後瘻孔形成があげられます。

更新履歴

2016/09/29 新規掲載


PageTop