薬剤部

はじめに

能代山本地域は高齢化が進んでおり、より地域包括ケアが重要な地域となっています。
その中で、当院薬剤師は、薬の専門家として、安全かつ有効な医療を提供できるよう日々の業務に努めています。
薬剤部の構成:薬剤師4名、事務員2名
yaku_1
 

薬剤部の理念と基本方針

 理念

病院の理念に基づき、薬剤師の専門性を生かし、安全で有効な薬物療法を提供することで、地域医療に貢献する。

基本方針

1.薬剤師としての知識と技能の向上に努め、専門性を生かし、チーム医療に貢献する。
2.適正な医薬品管理を徹底し、病院経営に貢献する。
3.薬剤部業務の標準化と病棟業務を推進する。
 

1)調剤・注射調剤業務

内服薬処方せんの内容について、飲み合わせ・内容・種類・飲み方などのチェックを行い、入院患者と一部外来患者の調剤を行っています。当院では電子カルテシステムを導入しており、検査値や病歴などのデータも参照しながら医薬品の適正使用に貢献しています。
yaku_2 yaku_3
注射薬処方せんの内容について、投与量・注射方法・速度・投与期間などのチェックを行い、患者ごとに注射カートに取り揃え、病棟に払い出しをしています。
yaku_4 yaku_5

2)無菌製剤調製業務

TPN(中心静脈高カロリー輸液)を無菌室内(クリーンベンチ)で調製を行っています。調製前に、電子カルテで、直近の検査値を確認してか調製を行っています。
yaku_6
抗がん剤を安全キャビネットで調製を行っています。揮発性の高い抗がん剤の調製には、クローズドシステムを使用しています。抗がん剤は、事前に登録されたレジメン内容と逸脱していないかレジメン内容の確認と、電子カルテで骨髄抑制等の副作用がないか検査値を確認してから、調製を行っています。
yaku_7

3)薬剤管理指導業務

各病棟に担当薬剤師を配置し、持参薬の確認や服薬指導を行っています。持参薬の情報を元に入院前の管理状況を確認し、服用薬による副作用が入院の原因になっていないか確認を行っています。入院中の服薬状況のみならず、退院後の管理状況について確認し、継続可能な服薬管理方法の支援を行っています。また、医師や看護師など多職種スタッフと連携をとり、個々の患者に適した薬物療法が行えるよう処方支援を行っています。
yaku_8

4)チーム医療への参画

薬剤師は、感染・NST・がん・緩和・認知症・褥瘡等 各種カンファレンスに参加し、薬学的な視点から提案・助言を行っています。
yaku_9

5)地域医療への貢献

地域保健薬局との疑義照会簡素化プロトコールの締結
・合意を取り交わした地域保険薬局とプロトコールに基づいた業務を行っています。
プロトコール内容
①残薬調整

②一包化調剤

③銘柄変更

④剤形変更

⑤規格変更(内服薬)

⑥規格変更(外用薬、軟膏)

⑦消炎鎮痛外用貼付剤変更(パップ⇔テープ)

⑧用法追加(外用薬)

⑨処方日数適正化(DPP-4阻害薬、ビスホスホネート製剤)

⑩処方日数最適化(1日おき)

⑪用法最適化(ビスホスホネート製剤)
※疑義照会簡素化プロトコールを開始する場合、病院と保険薬局との間で合意を交わす必要があります。
疑義照会簡素化プロトコールに基づいた業務を希望される保険薬局は、当院薬剤部までお問合せ下さい。

出前講座・健康講座
・地域連携室を通じて、テーマに沿った内容で薬剤師による出前講座・健康講座を行っています。
※2020年度から新型コロナ感染症のため、開催できていません。
出前講座
年月日 内容
2017年12月14日 知って得する薬の知識~薬を正しく服用するために~
2018年 6月25日 知って得する薬の知識~薬を正しく服用するために~
2018年10月25日 高齢者のための薬の知識~薬を正しく服用するために~
2019年 3月13日 薬を正しく飲むために~すぐに“薬(やく)立つ”くすりの話~
2019年 9月19日 知って得する薬の知識~薬を正しく服用するために~
2019年10月18日 知って得する薬の知識~薬を正しく服用するために~
健康講座
年月日 内容
2017年 7月20日 正しく飲めていますか?~知っておきたい薬の知識~
2019年 5月16日 知っておきたい薬の知識~クスリをリスクにしないために~

薬剤部スタッフの資格(2022.2現在)

認定資格 人数
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 1名
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 認定実務指導薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 1名
PageTop